今日の為替市場ポイント:質への逃避に絡んだ円売り継続も

2020年2月21日 08:41

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*08:41JST 今日の為替市場ポイント:質への逃避に絡んだ円売り継続も
20日のドル・円は東京市場では111円11銭から111円85銭まで上昇。欧米市場でドルは111円62銭から112円23銭まで買われており、112円12銭で取引終了。

本日21日のドル・円は、主に112円台前半で推移か。日本国内における新型コロナウイルスの感染拡大を警戒して質への逃避に絡んだ円売りは継続する見込み。具体的なドル売り材料が提供されない場合、ドル・円は底堅い動きが続く可能性がある。

20日のニューヨーク市場では、原油、金、米国債券が強い動きを見せており、「質への逃避」とみられる動きが観測された。市場関係者の間では「日本国内における新型コロナウイルスの感染拡大は円売り材料になっている」との見方が増えている。20日の日経平均株価は小幅高となり、10年債利回りは円安進行を意識してやや上昇した。21日の東京市場では株安・円安・債券安の相場展開となる可能性があるが、中国におけるウイルス感染者数の増加ペースは鈍化しているとの見方が広がった場合、質への逃避に絡んだ円売りはやや一服する可能性がある。

ドル・円については、昨年4月の112円40銭が当面の上値目途になるとの見方が依然として多いようだ。この水準を超えた場合、1ドル=114円台まで円安・ドル高が進行するとの声も聞かれている。《CS》

広告

広告

写真で見るニュース

  • BMW 1シリーズ。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 連星系の周りを回る惑星の想像図 (c) NRAO/AUI/NSF, S. Dagnello
  • 小惑星ベンヌ (c) NASA
  • Flow Machines Professional(画像:ソニーコンピュータサイエンス研究所の発表資料より)
  • うめきた2期の完成イメージ(阪急阪神ホールディングス発表資料より)
  • BMW 1シリーズ。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 「星形成プロジェクト」による3つの領域(オリオンA領域、わし座領域(Aquila Rift)、 M17領域)の一酸化炭素輝線強度の電波地図 (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース