東京為替:ドル・円は上昇基調継続、米株式先物に反転期待

2020年2月20日 16:10

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:10JST 東京為替:ドル・円は上昇基調継続、米株式先物に反転期待

20日午前の東京市場でドル・円は一時111円56銭まで強含み、ドルの上昇基調が鮮明にとなっている。上海総合指数の一段高を受けリスク選好的な円売り主体でクロス円が堅調地合いとなり、ドル・円を押し上げた。一方、米株式先物は下げ幅をさらに縮小し、反転期待からドル買いが観測される。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円11銭から111円56銭、ユーロ・円は120円10銭から120円46銭、ユーロ・ドルは1.0786ドルから1.0815ドル。《TY》

広告

広告

写真で見るニュース

  • BMW 1シリーズ。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 連星系の周りを回る惑星の想像図 (c) NRAO/AUI/NSF, S. Dagnello
  • 小惑星ベンヌ (c) NASA
  • Flow Machines Professional(画像:ソニーコンピュータサイエンス研究所の発表資料より)
  • うめきた2期の完成イメージ(阪急阪神ホールディングス発表資料より)
  • BMW 1シリーズ。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 「星形成プロジェクト」による3つの領域(オリオンA領域、わし座領域(Aquila Rift)、 M17領域)の一酸化炭素輝線強度の電波地図 (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース