世界一危ないドメイン「corp.com」、約2億円で売りに出される

2020年2月20日 08:40

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 「corp.com」というドメインは「世界一危ない」という話がギズモード・ジャパンで紹介されている。このドメインは現在約2億円で売りに出されているという。

 Windowsのネットワーク管理機能であるActive Directoryでは、かつては「corp」という名前がデフォルトのローカルネットワーク名として使われていた。そのせいで、「corp.com」というドメインには世界中の端末からさまざまなデータが送られてくる状況になっていたという。

 技術的な背景についてはSophosのnaked securtyブログが詳しいが、「corp」というローカルネットワーク名が設定されていないネットワークから「corp」というローカルネットワークにアクセスしようとした場合、当然ながら名前解決に失敗する。その場合、Windowsはその端末で設定されているホスト名や検索パスを使ってドメイン名の補完を試みる。そして、ホスト名や検索パスのトップレベルドメインが「.com」に設定されている端末の場合、そこから「corp.com」というドメイン名に補完されてしまうという。これによって「corp.com」への情報の誤送信が発生してしまうそうだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ネットワーク | インターネット | Windows | IT

 関連ストーリー:
「tomocha.moe」というドメインが取得できない問題、発生 2014年07月03日
ICANNが策定中の新gLTDの問題点:内部ネットワークとの衝突 2013年07月18日
無料ダイナミックDNSサービス「No-IP」のドメイン、Microsoftに差し押さえられる 2014年07月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードWindows誤送信

広告

財経アクセスランキング