三洋化成が活況高、「全樹脂電池」世界初の量産報道など注目される

2020年2月19日 10:54

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■発火しにくく生産コストを引き下げやすいなどの特色

 三洋化成工業<4471>(東1)は2月19日、朝方に4940円(125円高)まで上げたあとも50~100円高で推移し、4日ぶりの反発となっている。

 18日、「タイで自動車向け電着塗料用原料の本格生産開始」と発表したほか、19日には「全樹脂電池を量産、来春にも福井に新工場」(日本経済新聞2020年2月19日付朝刊)と伝えられ、注目された。

 全樹脂電池は、「リチウムイオン電池に比べて発火しにくく、生産コストを引き下げやすい」(同)とされ、「世界で初めて量産」し、「新工場は21年春に操業を開始する」(同)という。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
パイプドHDは上値試す、20年2月期大幅増益予想(2020/02/07)
ピックルスコーポレーションは上値試す、20年2月期大幅増益予想(2020/02/07)
NATTY SWANKYは上値試す、20年6月期大幅増益予想で2Q累計順調(2020/02/12)
日本エム・ディ・エムは売り一巡、20年3月期大幅営業・経常増益予想(2020/02/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 第59回ルマン24時間耐久レース優勝車 マツダ787B(画像: マツダ許諾済み)
  • 重力レンズ効果を受ける前のクエーサー「MG J0414+0534」の本来の姿 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), K. T. Inoue et al.
  • 太陽と地球と月。
  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース