ミロク情報サービスはきらやか銀行と業務提携契約を締結

2020年2月18日 13:09

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

ミロク情報サービス<9928>(東1)は、きらやか銀行(本社:山形 県山形市)と業務提携契約を締結した。提携することで、地域経済の活性化と地域の中小企業の事業活動を促進する。

ミロク情報サービス<9928>(東1)は、きらやか銀行(本社:山形 県山形市)と業務提携契約を締結した。提携することで、地域経済の活性化と地域の中小企業の事業活動を促進する。[写真拡大]

写真の拡大

◇地域経済の活性化と地域の中小企業の事業活動を促進

 ミロク情報サービス<9928>(東1)は、きらやか銀行(本社:山形 県山形市)と業務提携契約を締結した。提携することで、地域経済の活性化と地域の中小企業の事業活動を促進する。

 同社は、業務提携を通じ、地域の中小企業に対し、財務を中心としたERPシステムなど各種ソリューションサービスを提供する一方で、きらやか銀行は、経営理念に掲げる「本業支援を通して地域の『中小 企業』の成長」のために連携する。双方協力の下で、地域密着型で顧客の事業活動を支援する。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
松田産業は調整一巡、20年3月期3Q累計大幅増益で通期再上振れ余地(2020/02/18)
バルテスは売り一巡、20年3月期大幅増収増益予想で3Q累計順調(2020/02/18)
【テンポイノベーション・原康雄社長に聞く】ストック型の収益が積み重なる独自のビジネスモデルで業績拡大続く(2020/01/20)
【配当特集】インフォコムは電子コミックとヘルスケアが好調で連続最高益更新・連続増配予定(2020/01/27)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
  • フロリダ州のケネディ宇宙センターでのテスト中のNASAの火星ヘリコプター (c) NASA / Cory Huston
  • 三越恵比寿店 (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース