補修用ゴムプラグのゴム部分にカーボンが混入、漏電のおそれ

2020年2月18日 08:27

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 オーム電機が2019年10月8日から2020年1月31日に販売したゴムプラグで、ゴムカバー部分の原料にカーボンが混入したとして対象製品の回収・返金を行うと発表した(家電Watchオーム電機の発表)。

 どうしてそうなった。というかカーボン混入でそんなに導電率変わるのね。

 カーボン混入により漏電が発生し、時間が経つとゴムプラグが焦げるおそれがあるという。リコール対象商品はカーボン混入のためゴムカバーに光沢があるのとこと。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | ニュース | 電力

 関連ストーリー:
「電気柵」で感電事件、2人が死亡 2015年07月21日
「雷ガード」に発火事故の危険性、2製品計152万個をリコール 2010年01月18日
東芝 パナソニック製のパソコンバッテリーを回収 2016年11月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告