丸善出版、「続・人類と感染症の歴史」の第9章「SARSとMERS」を無償公開

2020年2月18日 08:31

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 丸善出版が、2018年に刊行された書籍「続・人類と感染症の歴史」の第9章「SARSとMERS」をPDF形式で無料公開した(丸善出版の発表)。

 SARSやMERSはコロナウイルスに感染することで発症する呼吸器症状。今問題となっている新型肺炎COVID-19は、これらコロナウイルスの変種が原因とされている。そのことから、今まで分かっているSARSやMERSの知見が広まることによって冷静な対応の一助となるとして公開を決めたとのこと。

 また、この書籍の著者である加藤茂孝氏(保健科学研究所学術顧問)によるコラムも同ページに掲載されている。

 スラドのコメントを読む | 書籍 | ニュース | 医療

 関連ストーリー:
韓国でのMERS感染拡大、患者が複数の病院を渡り歩くことや「お見舞い」がその原因の1つ? 2015年06月18日
MERS(中東呼吸器症候群)、韓国で感染拡大中 2015年06月03日
SARS研究者が防御目的でウィルスのDNAを特許出願 2003年05月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告