イトーキの今期20年12月期は増収大幅増益でV字回復を見込む

2020年2月17日 07:04

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■保有商談額の増加や生産部門を中心とした新商品等の原価低減活動を強化

 イトーキ<7972>(東1)の今期20年12月期は、増収大幅増益でV字回復を見込んでいる。好業績が見込まれる背景として、保有商談額の増加や生産部門を中心とした新商品等の原価低減活動の強化、新規事業の収益改善などを挙げている。

 14日に発表された19年12月期連結業績は、売上高1221億74百万円(前年同期比2.9%増)、営業利益9億03百万円(同53.1%減)、経常利益9億45百万円(同60.1%減)、純利益△5億50百万円と増収ながら大幅減益となった。

 設備機器関連事業は増収大幅増益となったものの、主力であるオフィス関連事業は、新製品の製造原価の上昇や新規事業であるGlobalTreehouse事業の立ち上げに係る費用などが響き、全体で大幅減益となった。

 しかし、今期20年12月期は、保有商談額が増加していることに加え、新規事業の収益改善や中国事業の安定化等を実現することで大幅増益を見込んでいる。

 ちなみに、20年12月期連結業績予想は、売上高1250億円(前期比2.3%増)、営業利益25億円(同176.8%増)、経常利益24億円(同153.7%増)、純利益8億円(前期△5億50百万円)を見込む。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
  • フロリダ州のケネディ宇宙センターでのテスト中のNASAの火星ヘリコプター (c) NASA / Cory Huston
  • 三越恵比寿店 (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース