Amazonの偽レビュー、ライバルをけなすやらせレビューも存在

2020年2月13日 09:17

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 昨今ではAmazonで販売されている商品に対し、金銭などを受け取って高評価レビューを書くやらせレビューが問題となっているが、昨今では同様に金銭を受け取り、ライバルとなる商品に低評価のレビューをつけるようなやらせレビューも発生しているという(MBS)。

 MBSの取材によると、とあるメーカーのヘッドライトに対し、突然「爆発した」といったレビューが投稿され商品が返品されたという。これを受けてAmazonはこの商品の販売を停止したが、実際に返品された商品は開封すらされていない未使用品で、またレビューを投稿した相手との連絡は取れない状況になっているという。

 このメーカーに対しては複数回の「やらせレビュー」が投稿されており、そのたび販売停止になっているそうだ。MBSの取材に対し、レビュー投稿者はレビューの内容は嘘で、依頼されてやったと述べたという。また、こういった「やらせレビュー」を仲介する者も存在するそうだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | インターネット | IT

 関連ストーリー:
ドローンを買ったら泥が届いたという事案がTwitterで報告される 2019年12月25日
Amazon.co.jpで購入したものが不良品だったとのレビューを書いたところ、「2倍の金額を返金するからレビューを消して」との依頼が来たという話 2019年12月04日
Amazonマーケットプレイスでの不正行為、他社への嫌がらせ行為もあるとの話が出る 2019年07月23日
Amazonのネタバレレビューに対し作家が苦言を呈する 2019年06月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAmazonMBS

広告

財経アクセスランキング