国際 RSS

 

南極で過去最高気温となる18.3度を観測か

2020年2月10日 17:54

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 南極の気温が上昇しているという話は以前より話題になっており、2015年にはエスペランサ観測基地過去最高気温を更新する17.5℃が観測されたが、(過去記事)、今年2月6日に同基地でこれを上回る18.3℃の気温が観測された可能性があるという。世界気象機関(WMO)が発表した(共同通信ウェザーニュースYahoo!ニュース)。

 フェーン現象がこの高温の原因の1つとも推測されている。なお、同基地の2月の最高気温の平均は3.7℃だそうだ。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 地球

 関連ストーリー:
南極の棚氷から巨大氷山がついに分離、面積は三重県とほぼ同じ 2017年07月18日
南極で巨大氷山が分離し、海面が上昇する恐れ 2017年01月11日
南極大陸のエスペランサ基地、気温17.5度を記録。観測史上最高 2015年04月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード南極

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
  • フロリダ州のケネディ宇宙センターでのテスト中のNASAの火星ヘリコプター (c) NASA / Cory Huston
  • 三越恵比寿店 (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース