国際 RSS

 

パリコレでウナギの皮を素材に使った紳士服発表

2020年1月25日 11:05

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 パリで開催中のパリ・メンズ・ファッションウィークで19日、英ダンヒルがウナギの皮を使った紳士服を発表した(AFP)。

 デザインを手がけたのはMark Weston氏で、ウナギの皮をつややかな光沢のあるシルクのような素材として活用したという。氏曰く、ウナギの皮には服飾素材として「うさんくさい点」はなく、「極上の繊細な素材」だと述べている。

 ウナギはイギリスでも伝統的な食材として使われており、ウナギのゼリー寄せなどが有名。ただ、現代のイギリスではあまり食材としてのウナギの人気はないようだ。

 スラドのコメントを読む | idleセクション | ニュース | 変なモノ | idle

 関連ストーリー:
近畿大学、ニホンウナギの人工ふ化と50日間の飼育に成功 2019年11月07日
環境省のTwitterアカウント「土用の丑の日はウナギを大事に食べよう」とTweet 2019年07月23日
「うなぎ絶滅キャンペーン」なるTwitterアカウント登場 2018年07月18日
イオン、「持続可能なウナギ」の調達へ 2018年06月20日
水産庁、ニホンウナギの減少の要因は不明だから買い控えや禁漁は不要と主張 2018年02月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードパリ

広告

広告

写真で見るニュース

  • フィッシャープライスのバイリンガル知育玩具「バイリンガル・わくわくピアノ」。(写真:マテル・インターナショナル発表資料より)
  • 大丸芦屋店1階のリニューアルイメージ(大丸松坂屋百貨店発表資料より)
  • 研究グループが開発した世界最小のクロック回路を搭載したチップ写真(写真:東工大の発表資料より)
  • 新型フィット・e:HEV HOME(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • シャポー市川リニューアルのイメージ(JR東日本都市開発発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース