大人の科学マガジン、今度は「レコード録音機」を発売

2020年1月23日 17:46

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 学研プラスが、アナログレコード盤のカッティングマシン組み立てキット「大人の科学マガジン トイ・レコードメーカー」を3月26日に発売する(学研の発表テレビ朝日AV Watch)。

 当然音質はそれなり(多分モノラル)だろうが、磁気メディア・ICメディアより余程長く保存・再生できるメリットはありそう。動画によると、録音機構は「リニアトラッキング」方式(レコードレコーダーでは普通)だが、再生は普通のトーンアーム式の点が残念。

 すでに多数の予約があり、発売前の時点で増刷を検討しているという。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | 音楽

 関連ストーリー:
アナログレコードを高音質化するHD Vinyl、商品化に一歩近づく 2018年04月18日
ソニー、約30年ぶりにアナログレコード自社生産を再開 2017年07月03日
アナログレコードブームの需要に応えるための新型プレス機器が開発される 2017年02月02日
英国、1週間のアナログレコード売上がデジタルミュージックのダウンロードを上回る 2016年12月10日
デジタルでレコードの溝を制作するアナログレコード 2016年03月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードテレビ朝日

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
  • フロリダ州のケネディ宇宙センターでのテスト中のNASAの火星ヘリコプター (c) NASA / Cory Huston
 

広告

ピックアップ 注目ニュース