個別銘柄戦略:アドバンテスやオリンパスに注目

2020年1月23日 09:01

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*09:01JST 個別銘柄戦略:アドバンテスやオリンパスに注目
22日の米国市場ではNYダウが9,77ドル安の29186.27、ナスダック総合指数が12.96pt高の9383.77と方向感が定まらず、シカゴ日経225先物は大阪日中比180円安の23840円。23日早朝の為替は1ドル=109円80-90銭(昨日大引け時点は110.03円付近)。本日の東京市場は米ナスダック高の流れを受けて東エレク<8035>などの電子部品セクターの堅調さが予想される一方、昨日上げ幅の大きかったリクルートHD<6098>や中国での新型肺炎拡大懸念が悪材料となるトヨタ<7203>、ホンダ<7267>、ファーストリテ<9983>などは軟化しそうだ。中小型株では、新型肺炎に絡んで興研<7963>や重松製<7980>、川本産業<3604>、大幸薬品<4574>などの個別物色が引き続き活発に展開されそうである。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測されたコスモス薬品<3349>、テクノプロHD<6028>、アルバック<6728>、アドバンテスト<6857>、オリンパス<7733>などに注目。《US》

広告

広告

写真で見るニュース

  • BMW 1シリーズ。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 連星系の周りを回る惑星の想像図 (c) NRAO/AUI/NSF, S. Dagnello
  • 小惑星ベンヌ (c) NASA
  • Flow Machines Professional(画像:ソニーコンピュータサイエンス研究所の発表資料より)
  • うめきた2期の完成イメージ(阪急阪神ホールディングス発表資料より)
  • BMW 1シリーズ。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 「星形成プロジェクト」による3つの領域(オリオンA領域、わし座領域(Aquila Rift)、 M17領域)の一酸化炭素輝線強度の電波地図 (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース