ISID、7&iHD◆今日のフィスコ注目銘柄◆

2020年1月23日 08:52

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*08:52JST ISID、7&iHD◆今日のフィスコ注目銘柄◆
ISID<4812>

2019年12月期業績予想の修正を発表。営業利益は従来の85億円から100億円に上方修正した。コンセンサス(99億円程度)を若干上回る水準に修正した格好であり、評価材料になりそう。官公庁や公共機関向け案件を含む「コミュニュケーションITセグメント」が大幅増収となったほか、金融機関向けのシステム開発も好調だった。株価は強いトレンドが継続しており、需給状況も良好。


7&iHD<3382>

昨年10月高値4485円をピークに調整が続いていたが、年初に付けた安値をボトムに、その後マドを空けての上昇により、上値抵抗の25日線、75日線を突破している。戻り一巡後はやや利食いに押される格好だが、75日線が支持線として機能するようであれば、押し目買い好機に。一目均衡表では雲上限レベルでの攻防。《CS》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 重力レンズ効果を受ける前のクエーサー「MG J0414+0534」の本来の姿 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), K. T. Inoue et al.
  • 太陽と地球と月。
  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
  • フロリダ州のケネディ宇宙センターでのテスト中のNASAの火星ヘリコプター (c) NASA / Cory Huston
 

広告

ピックアップ 注目ニュース