NY原油:大幅安で56.74ドル、需要減少に対する警戒感高まる

2020年1月23日 07:38

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:38JST NY原油:大幅安で56.74ドル、需要減少に対する警戒感高まる
NY原油先物3月限は大幅安(NYMEX原油3月限終値:56.74 ↓1.64)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物2月限は、前営業日比-1.64ドルの1バレル=56.74ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めた取引レンジは56.54ドル−58.38ドル。時間外取引のアジア市場で58.38ドルまで買われたが、その後は欧米株安や新型肺炎の感染拡大による需要減少を警戒して上げ渋った。通常取引開始後に売りが強まり、通常取引終了後の時間外取引で一時56.54ドルまで下落し、下げ幅は拡大した。《CS》

広告

財経アクセスランキング