22日の日本国債市場概況:債券先物は152円12銭で終了

2020年1月22日 17:34

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*17:34JST 22日の日本国債市場概況:債券先物は152円12銭で終了
<円債市場>
長期国債先物2020年3月限
寄付152円17銭 高値152円18銭 安値152円07銭 引け152円12銭
売買高総計17209枚

2年 408回 -0.125%
5年 142回 -0.115%
10年 357回 -0.010%
20年 170回 0.290%

債券先物3月限は、152円17銭で取引を開始。中国が新型肺炎への対策を発表したことや、流動性供給入札を控えて売りが先行し、152円18銭から152円07銭まで下げた。その後、流動性供給入札が無難な結果だったことから買い戻しが優勢になり、再び152円18銭まで上げた。現物債の取引では、2年債と20年債が売られ、5年債と10年債が買われた。

<米国債概況>
2年債は1.54%、10年債は1.78%、30年債は2.24%近辺で推移。
債券利回りはほぼ横ばい。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は-0.25%、英国債は0.63%、オーストラリア10年債は1.11%、NZ10年債は1.50%。(気配値)


[本日の主要政治・経済イベント]
・18:30 英・12月公的部門純借入額(銀行部門除く)(予想:+53億ポンド、11月:+56億ポンド)
・22:30 米・12月シカゴ連銀全米活動指数(予想:0.13、11月:0.56)
・22:30 カナダ・12月消費者物価指数(前年比予想:+2.3%、11月:+2.2%)
・23:00 米・11月FHFA住宅価格指数(前月比予想:+0.3%、10月:+0.2%)
・24:00 米・12月中古住宅販売件数(予想:543万戸、11月:535万戸)
・24:00 カナダ中銀が政策金利発表(1.75%に据え置き予想)《KK》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
  • ウシオ電機が開発した紫外線装置「Care222」(画像: ウシオ電機の発表資料より)
  • 新型「LS」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース