FBIは自力でiPhoneロック解除可能も政治的・コスト的な理由でAppleに依頼か

2020年1月22日 15:49

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 FBIはiPhoneのロックを所有者に無断で解除する技術をすでに持っているとされている。しかし、2019年12月6日に米フロリダ州で発生した米軍基地銃撃事件においては、FBIや司法長官が容疑者が所有するiPhoneのロック解除をAppleに依頼する事態となった。自前でロックを解除できるにも関わらずFBIがAppleにロック解除を依頼したのは、政治的な理由とコスト的な理由があるのではないかと見られている(BloombergEngadget日本版朝日新聞Slashdot)。

 政治的な理由としては、Appleなどのハイテク企業に対し、「バックドア」の設置を求める法律を推進するためではないかとされている。また、ロック解除ツールはOSが更新されると使えなくなる可能性があるため、OSの更新ごとにメーカーに多額の支払いを行う必要があるという。

 なお、Appleはフロリダ州海軍基地で昨年12月6日に発生したテロ事件に関するFBIの捜査には協力していると発表しており、容疑者のアカウントやiCloudのバックアップ、取引情報などを当局に提出したという(Bloomberg)。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | セキュリティ | アップル | アメリカ合衆国 | プライバシ

 関連ストーリー:
条例で顔認識機能搭載の携帯電話が使用できなくなっていた米国・サンフランシスコ市、限定的ながら使用できるよう条例を改正 2019年12月28日
米企業、あらゆるスマートフォンのパスコードロックを100%解除できると主張 2018年12月01日
中国政府が新疆ウイグル自治区へ向かう旅行者のスマホにスパイウェアをインストールしていたとの報道 2019年07月04日
米捜査機関では遺体の指を使用したiPhoneのアンロック試行が一般的になりつつある 2018年03月25日
銃乱射事件犯のiPhoneロック解除を巡り再び騒動に 2017年11月25日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAppleiPhoneFBIバックドアiCloud

広告

財経アクセスランキング