前田道路がストップ高、前田建設のTOBに対し逆に資本関係の解消を提案

2020年1月20日 14:42

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■前田道は「事業シナジーが見込まれない」、前田建設は「グループとしての一体感を」

 前田道路<1883>(東1)は1月20日、11時過ぎから急伸し、以後、14時にかけても買い気配のままストップ高の3135円(502円高基準値から500円高)に貼りついている。

 1月20日、11時過ぎ、前田道路<1883>(東1)は、前田建設工業<1824>(東1)が保有する同社株式2046万株(持株比率約24.37%)の全ての取得と資本関係解消の提案を発表。一方、前田建設工業は前田道路に対するTOB(株式の公開買付)を発表。TOB価格を1株3950円としたため、前田道路はこれに向けてまっしぐらの急伸となった。

 前田道路のリリースには、「当社と前田建設との間で事業シナジーが見込まれないこと」などとある一方、前田建設のリリースには、「グループとしての一体感を高め」などとある。このため、両社の方向性の違いが注目されている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヤマシタヘルスケアホールディングスは反発の動き、20年5月期営業減益予想だが保守的(2019/09/04)
日本エム・ディ・エムは上値試す、20年3月期2Q累計を上方修正して通期も上振れの可能性(2019/09/04)
パイプドHDは上値試す、20年2月期大幅増益・増配予想(2019/09/04)
ピックルスコーポレーションは上値試す、20年2月期2桁増益予想で上振れ余地(2019/09/04)
エスプールは上値試す、19年11月期大幅増収増益予想、さらに上振れの可能性(2019/09/04)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング