ライフ RSS

 

通勤時間でサラッと読める初心者向け無料英語ニュースサイト3選

2020年1月17日 11:59

小

中

大

印刷

 海外と英文書のやり取りが多いビジネスパーソンならば、「この英文をスラスラ読めたらいいのに」と思ったことが一度はあるはず。

【こちらも】時間のないビジネスパーソンがすべき英語の学習法とは?

 であるならば、多読にトライしてみるのはどうだろうか。多読とは文字通り英文をたくさん読んでいく勉強法なのだが、大量の英文を読む過程で、単語や文の構造が自然に頭へ入りやすいというメリットがある。

 ただ、社会人が机に向かってじっくりと本を読むのは、なかなか難しいもの。

 そこでおすすめなのが、英語のニュースサイトだ。紙の本だと持ち運びをちゅうちょしてしまうが、幸いなことに、現在はスマホで簡単に読める無料ニュースサイトがたくさんある。今回は、通勤時間でサラッと読める、初心者向け無料英語ニュースサイトを3つ紹介していく。


■初心者でも安心!おすすめの無料英語ニュースサイト3選


●1. やさしい英語ニュース倶楽部

 通訳者のAkiさんが運営する英語ニュースサイト。英語を意味の塊ごとに区切って読む「スラッシュリーディング」など、通訳式トレーニングを使ってリーディングが学べる。

 簡単な英文法の解説があるのも、初心者には嬉しいポイントだ。また、無料メルマガに登録すると音声学習もできる。

 https://www.eigonews.net/

●2. News in Levels

 時事ネタや動物ネタなど、とにかくバリエーションが豊富なサイト。最大の特徴は、同じ内容のニュースを3つのレベルから選べるところだろう。

 リーディングが苦手な人は最も簡単なレベル1で概要をつかみ、慣れてきたら段々とレベルアップできる仕組みになっている。

 また音声動画も用意されているので、発音を簡単に確認できるし、同時にリスニングの勉強もできるのが嬉しいところ。

 https://www.newsinlevels.com/

●3. NHK ニュースで英語術

 最新の時事ニュースを紹介するNHKの5分ラジオ番組。ニュースの英文は公式サイトで確認できる。文章量は800~1,200文字程度なので、通勤時間中サラッと読むには最適だろう。

 また、「通常・ゆっくり」という2つのスピードで音声を確認できるのは、非常に親切。もちろん和訳も用意されているし、難しい単語はすべて意味が別記されているので、いちいち辞書を引く必要がないのはありがたい。

 https://www.nhk.or.jp/snsenglish/news/


 リーディングに限らず、英語学習で一番重要なのは「継続」である。しかし、忙しい社会人にとって、一番難しいのがこの継続なのだ。

 ところが英語ニュースサイトを読むだけならば、「お金もかからず」「スキマ時間を使って」、誰でもできる。

 英語ニュースを読むというと、ハードルが高いと思ってしまうが、そんなことは決してない。ようは、自分のレベルに合ったニュースサイトを利用すればいいのである。初心者こそ、初心者向けニュースサイトを活用して、ぜひリーディグの習慣化を目指してもらいたい。

関連キーワードNHK

広告