トランザスの子会社TAP社が「AIRUX-8」をシンガポールフォルクスワーゲンのビルに導入

2020年1月16日 20:50

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■「AIRUX-8」はビル全体のエネルギー消費を自動制御

 トランザス<6696>(東マ)の完全子会社TRANZAS Asia Pacific Pte.Ltd.(シンガポール共和国、「TAP社」)は、昨年よりOTTO Solution Pte.Ltd.(シンガポール) と共同で進めていた施設内のエネルギーを自動制御するIoTコントローラー 「AIRUX-8」の開発を2019年末に完成させ、シンガポールフォルクスワーゲンビルへの導入を完了した。    これにより、TAP社は「AIRUX-8」を1月15日から東南アジアを始め世界に向けて販売を開始する。

 「AIRUX-8」は様々なIoT機器をAI自動制御する為の、集中コントローラー装置である。 シンガポールフォルクスワーゲンには、OTTO 社のBlueToothメッシュ技術を利用したIoT 照明設備が全館に導入されており、AIRUX-8は、OTTO社の照明と通信し、各照明のエリアグループ毎に時間帯、営業稼働日、季節により照明の明るさを自動制御する事が可能である。

 更に、同ビルにはOTTO社の人感センサーが照明装置と共にあらゆるエリアに設置されており、人感センサーによって人の混雑状況や、不在状況を把握する事ができる。来期は、 「AIRUX-8」にセンサーで取得したビル内状況に応じたエアコン温度のAI自動調整機能を実装する事を予定している。

 今後は、照明やエアコン等を含めた、ビル全体のエネルギー消費を実状況に合わせ、適正値に自動制御し、エネルギー削減と共にオフィス空間の快適さを追求していくとしている。

 また、OTTOとの協業により、東南アジアを中心にホテル・オフィスビル・商業施設等への導入を進めていく計画で、来期中に、新築ビル含め10施設への導入を目標としている。日本市場には、市場の動向に応じて、販売を検討していく予定である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヤマシタヘルスケアホールディングスは反発の動き、20年5月期営業減益予想だが保守的(2019/09/04)
日本エム・ディ・エムは上値試す、20年3月期2Q累計を上方修正して通期も上振れの可能性(2019/09/04)
パイプドHDは上値試す、20年2月期大幅増益・増配予想(2019/09/04)
ピックルスコーポレーションは上値試す、20年2月期2桁増益予想で上振れ余地(2019/09/04)
エスプールは上値試す、19年11月期大幅増収増益予想、さらに上振れの可能性(2019/09/04)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング