翌月払いで商品購入できる「Paidy」悪用した詐欺が発生

2020年1月16日 08:48

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 「Paidy」という、翌月払いで商品購入が行えるサービスを使った詐欺がフリマアプリなどで発生しているようだ(ITmediaTogetterまとめ)。

 手口としては、悪意のある出品者が何らかの商品をメルカリなどに出品し、購入者からはメルカリ経由で支払いを受けた上でPaidyで商品を購入して購入者に発送する。このときPaidyへの支払いは行わない点がポイントだ。Paidyを利用した購入では、請求を無視すると商品の発送先住所に請求書が送られる。つまり、購入者に対してはメルカリ上で悪意のある出品者宛に支払いを済ましているにも関わらず、2重の請求が行われることになる。

 このトラブルを受けて、Paidyは悪用の恐れがある取引で決済サービスの提供を制限もしくは停止すると発表した(ITmediaの続報)。また、Paidyに対応していた一部通販サイトではトラブルを受けてPaidyの利用を停止する事態にもなっているようだ。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | 犯罪 | セキュリティ | インターネット

 関連ストーリー:
フリマアプリの普及でコインランドリーに撮影スペースが設置される 2019年12月19日
NTTドコモのd払い、相次ぐ不正利用を受け利用規約を改定、補償を明記。PayPayも追随 2019年08月30日
フィッシング詐欺被害にあったにも関わらず被害者ではないとして被害届を受理されないという事案 2019年07月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • フィッシャープライスのバイリンガル知育玩具「バイリンガル・わくわくピアノ」。(写真:マテル・インターナショナル発表資料より)
  • 大丸芦屋店1階のリニューアルイメージ(大丸松坂屋百貨店発表資料より)
  • 研究グループが開発した世界最小のクロック回路を搭載したチップ写真(写真:東工大の発表資料より)
  • 新型フィット・e:HEV HOME(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース