東京為替:ドル・円は動意薄、クロス円は底堅い

2020年1月15日 14:39

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:39JST 東京為替:ドル・円は動意薄、クロス円は底堅い


15日午後の東京市場でドル・円は109円90銭付近と、動意の薄い値動き。日経平均株価は前日比100円超安の軟調地合いが続く。中国株や欧米株式先物も弱含んでおり、リスク選好度は低下している。ただ、ユーロ・円や豪ドル・円などクロス円は底堅く推移しており、ドル・円は下げづらいもよう。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円82銭から110円01銭、ユーロ・円は122円20銭から122円45銭、ユーロ・ドルは1.1126ドルから1.1130ドル。《TY》

広告

広告

写真で見るニュース

  • レーシングマシン走行(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 開会式用公式服装姿を披露するアスリートたち
  • 画像はイメージです。
  • リサイクルペットボトルによる720mlペットボトル商品。(写真:サントリーグループ発表資料より)
  • ネイティブキャンプ英会話のイメージ。(画像: ネイティブキャンプの発表資料より)
  • 718 ボクスター GTS 4.0(画像: ポルシェの発表資料より)
  • 新型名阪特急「ひのとり」。(画像: KNT-CTホールディングスの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース