Google、欧州経済領域でAndroid初回起動時に選択可能な検索プロバイダー発表

2020年1月12日 08:01

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Googleは欧州経済領域(EEA)でAndroid初回起動時に入札で決定した検索プロバイダーの選択画面を提示する計画を示していたが、その第一回の入札結果が公表された(Android Choice Screen WinnersVentureBeatの記事The Vergeの記事Neowinの記事)。

落札数が最も多かったのは米DuckDuckGoと米Info.comで、31か国すべてで落札した。これに米PrivacyWallが11か国、フランスのQwantが8か国、ロシアのYandexが5か国で続く。このほか、ドイツのGMXがオーストリア・ドイツ・オランダの3か国で、デンマークのGiveroがデンマークのみ、チェコのSeznamがチェコとスロバキアの2か国で落札しており、これら3社はターゲットを絞り込んで入札したとみられる。米Bingは英国のみ落札となっている。

Googleは31か国すべてで選択画面に表示されるため、選択肢としてはGoogle・DuckDuckGo・Info.comが常に表示され、国ごとに異なる検索プロバイダーは1つだけということになる。なお、当初の発表では1年ごとに入札が行われるとされていたが、今回の対象期間は2020年3月1日~6月30日となっている。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | Google | EU | Android

 関連ストーリー:
トルコで反競争行為による制裁を受けたGoogle、トルコ向けの新製品にAndroidのライセンス供与を停止 2019年12月21日
Google、欧州経済領域のAndroid端末で初回起動時に検索プロバイダーの選択画面を表示する計画 2019年08月03日
Google、欧州のAndroidユーザーに提示する検索アプリ/ブラウザーの選択肢表示サンプルを公表 2019年04月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleAndroidBing

関連記事