NY原油:大幅続落で59.61ドル、地政学的リスク低下で供給不安薄れる

2020年1月9日 07:35

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:35JST NY原油:大幅続落で59.61ドル、地政学的リスク低下で供給不安薄れる
NY原油先物2月限は大幅続落(NYMEX原油2月限終値:59.61 ↓3.09)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物2月限は、前営業日比-3.09ドルの1バレル=59.61ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めた取引レンジは59.15ドル−65.65ドル。トランプ米大統領は8日、ホワイトハウスで演説し、「イランの攻撃により米国人やイラク人の死者は出なかった」、「イランは身を引いているようだ」と述べたことから、中東地域における地政学的リスク増大に対する市場の警戒感は低下し、原油供給不安も薄れたことから、ポジション調整的な売りが活発となった。《CS》

広告

広告

写真で見るニュース

  • レーシングマシン走行(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 開会式用公式服装姿を披露するアスリートたち
  • 画像はイメージです。
  • リサイクルペットボトルによる720mlペットボトル商品。(写真:サントリーグループ発表資料より)
  • ネイティブキャンプ英会話のイメージ。(画像: ネイティブキャンプの発表資料より)
  • 718 ボクスター GTS 4.0(画像: ポルシェの発表資料より)
  • 新型名阪特急「ひのとり」。(画像: KNT-CTホールディングスの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース