VHF-LOW帯を使ったデジタルラジオ「i-dio」、3月でサービス終了

2020年1月4日 19:20

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 昨年、TOKYO FMがV-Lowマルチメディア放送(i-dio)事業から撤退するとの報道があった。このi-dioについては事業の継続が検討されていたが、結局2020年3月31日をもってi-dioサービスが終了となるようだ(ニュースリリースPDF)。

 paku曰く、

 Windowsストアのアプリが動作しなくなっていたので色々調べたらひっそりとリリースが出ていました。これでNOTTVなVHF-HIGH同様に、VHF-LOWの放送は終了です。VHF-LOWを使った一部の防災無線があるので、周波数帯お取り潰しとはならないのでしょう。でも主流はボケベル波の防災無線の様子。衛星デジタルラジオも、地上波デジタルラジオもコケたわけですが、デジタルラジオの思い出がある人いますか?

 スラドのコメントを読む | 日本 | ビジネス | ニュース

 関連ストーリー:
TOKYO FM、i-dio事業から撤退 2019年10月16日
i-dio、4月1日から全国7ブロック全てで聴取可能に 2019年03月14日
VHF-Low帯を使った新放送サービス「i-dio」、3月放送開始に向けて無料モニター募集中 2016年01月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードラジオ

広告

広告

写真で見るニュース

  • フィッシャープライスのバイリンガル知育玩具「バイリンガル・わくわくピアノ」。(写真:マテル・インターナショナル発表資料より)
  • 大丸芦屋店1階のリニューアルイメージ(大丸松坂屋百貨店発表資料より)
  • 研究グループが開発した世界最小のクロック回路を搭載したチップ写真(写真:東工大の発表資料より)
  • 新型フィット・e:HEV HOME(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • シャポー市川リニューアルのイメージ(JR東日本都市開発発表資料より)
  • 「Audi City紀尾井町」の店内の様子。(画像: アウディ ジャパンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース