【話題】「ラマダン明けにポッキーを食べよう」!、江崎グリコが近年特に力を入れている国のひとつがインドネシア

2020年1月2日 10:10

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

2020年の「ラマダーン」(イスラム教の「断食」)は、ネットで検索すると、「4月23日木曜日から5月23日土曜日まで」などと出てくる。

2020年の「ラマダーン」(イスラム教の「断食」)は、ネットで検索すると、「4月23日木曜日から5月23日土曜日まで」などと出てくる。[写真拡大]

写真の拡大

 2020年の「ラマダーン」(イスラム教の「断食」)は、ネットで検索すると、「4月23日木曜日から5月23日土曜日まで」などと出てくる。

 そのイスラム教国のひとつであるインドネシアで、江崎グリコ<2206>(東1)は、「ラマダン明けにポッキーを食べよう」といった提案を行うキャンペーンを展開していることが、同社ホームページに載っている。「近年特に力を入れている国のひとつがインドネシアです」と紹介するページだ(https://www.glico.com/jp/enjoy/contents/pockyinindonesia/)。

 そして、同社は2019年12月18日、インドネシアに子会社(孫会社)を設立すると発表した。ASEANで事業が拡大していることを受け、ASEAN及びその他地域への生産を増強するため、インドネシアに新会社「PT Glico Indonesia Manufacturing(仮称)」を設立する。

 新会社名は「PT Glico Indonesia Manufacturing」(仮称)。所在地は南ジャカルタ市。資本金は5000万USドル(グリコ・アジアパシフィック社99.998%、江崎グリコ0.002%)。設立は2020年3月末。江崎グリコの特定子会社になる。

 「ポッキー」は現在、約30の国で年間5億箱以上を販売するという。「インドネシアでポッキーを販売したのは30年前。2012年までは名前すらあまり知られていない状況だったが、近年は日本のお菓子の代表格として浸透しつつあるようだ。

 インドネシアの人口は日本の倍の約2億5,000万人。およそ4割がお菓子の主な購買層である20歳未満という。ホームページには、同国は「お菓子の市場にとってはとても魅力的な市場です」などとある(以下は直接ご覧下さい)。

 19年の株価は4900円前後で終わったが、8月初旬の4285円を下値に回復相場に転じ、波状高となっている。直近は、波の谷間から再び出直るような値動きを見せており、次の上昇波が来る期待を感じさせている。20年の株価は「ラマダーン商戦」の成果が買い材料になるかもしれない。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【特集】金価格関連株に注目、穴株は金庫株、メガバンク株は逆張りも一考の余地(2019/08/19)
【特集】「究極のディフェンシブ株」はこれだ!ラッキーセブン銘柄(2019/08/13)
【編集長の視点】JSSは反落も2ケタ増益転換の1Q業績見直しに2020東京五輪関連人気が加わり押し目買い妙味(2019/09/02)
【特集】「全米オープンテニス大会」と「ラグビー・ワールドカップ」のスポーツ・イベント関連銘柄を探る(2019/08/05)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 第59回ルマン24時間耐久レース優勝車 マツダ787B(画像: マツダ許諾済み)
  • 重力レンズ効果を受ける前のクエーサー「MG J0414+0534」の本来の姿 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), K. T. Inoue et al.
  • 太陽と地球と月。
  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース