Facebook、従業員2万9000人分の給与情報保存したハードディスク盗まれる

2019年12月18日 22:52

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 headless曰く、

 Facebookが11月中旬、米従業員の給与情報を含む複数のハードディスクを盗まれる被害にあっていたそうだ(BloombergThe VergeMashableSlashGear)。

 ハードディスクは暗号化されておらず、給与課の従業員がバッグに入れて自動車の車内に置いていたという。保存されていた給与情報は2018年に勤務していた従業員29,000人分で、従業員の氏名や銀行口座番号、社会保障番号の下4桁、給与額などが含まれる。盗難が発生したのは11月17日だが、発覚したのは11月20日。11月29日にはフォレンジック調査により従業員の給与情報が含まれていたことが確認されたが、従業員に通知したのは12月13日だったとのこと。

 犯人は個人情報を狙ったのではなく単なる車上荒らしとみられ、現在のところ個人情報が悪用された形跡はないが、Facebookは対象の従業員に2年間の個人情報流出監視サービスを提供するという。Facebookは捜査当局と協力しているが、ハードディスクは1台も見つかっていないとのことだ。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | 犯罪 | セキュリティ | Facebook | プライバシ

 関連ストーリー:
廃棄HDDの流出事件、ネットオークション購入者に連絡を呼びかけ 2019年12月12日
堺市、情報漏洩対策としてUSBポートをふさぐ 2016年02月13日
韓国でクレジットカード各社より1億400万件の個人情報が流出、セキュリティ会社社員が窃盗・売却 2014年01月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードFacebook

広告