ライフ RSS

 

語学アプリ「ALCO」はビジネスパーソンの英語リスニング学習に最適

2019年12月13日 16:23

小

中

大

印刷

 忙しいビジネスパーソンの英語学習にぴったりな「ALCO(アルコ)」というアプリを知っているだろうか?老舗語学企業のアルクが提供している無料アプリである。この「語学のオトモAlco・アルコ」を紹介していこう。

【こちらも】初心者の英語上達のカギは音読にあり 効果的な方法とは?

 英会話での聞き取りに必要なのは、日本語とは違う英語のリズムに慣れることである。そのナチュラル英語のリズムとスピード練習に最適なのがアルコである。

■アルコとは 

 スマホ一つでリスニング学習できる無料アプリ。スマホで直接音声をダウンロードして聞けるため、スマホがあればどこでもリスニング勉強できる手軽さが魅力である。

■内容

 無料でダウンロードできる語学音声コンテンツは、アルクの書籍約300冊分である。

 書籍ジャンルは
 ・TOEIC・英検
 ・ビジネス英語
 ・英単語・英文法
 ・TOEFL・留学対策
 ・ニュース英語
 ・英会話
 ・名作(ハムレットやクリスマス・キャロルなど)
 ・英語以外の諸外国語
 などと幅広い。

 なお、アプリはAndroidとiPhone両対応になっている。

■TOEICのリスニング対策に

 アルコでTOEIC問題と同様の会話を繰り返し聞くことにより、TOEICの出題形式に精通できる。TOEICでは質問ごとに短い会話が多いため、アプリでスキマ時間に1問ずつ学習を進めやすい。

 TOEICのリスニング問題は100問と問題数が多く、次々に問題を聞き答えを選ぶスピードが要求される。このアルコではTOEIC試験と同様のナチュラルスピードで練習するため、試験本番で落ち着いて問題に対応できる。

 また、英語が上達する勉強法のシャドーイング(英語を聞きながら真似して発音する練習法)やディクテーション(聞き取った英文を書きとる勉強法)にも、次のような特徴からもってこいである。

■特徴 

 ・数秒の巻き戻しができるため聞き取れない箇所を集中して聞き返せる
 ・範囲を決めてリピート再生が可能で聞きたい部分だけ繰り返せる
 ・スピードが変えられるため速め、遅め再生ができる

 これらがスマホ一つで簡単にできてしまうのである。ディクテーションでは聞いた言葉を全て文字に書き出すので通勤途中では難しいかもしれないが、休憩時間にどうだろう。

■忙しいビジネスパーソンにおすすめ

 通勤時間や休憩時間に細切れ学習できるため、TOEICや英検対策をしたい忙しいビジネスパーソンにおすすめである。

 書籍300冊以上の音声データを無料でいつでもスマホで聞けるアルクの無料アプリ、アルコ。スキマ時間を活用して英語のリスニング学習にいかがだろうか。

関連キーワード英会話

広告