NY原油:反落で59.02ドル、中国の低調な輸出指標受け、需要鈍化懸念

2019年12月10日 07:36

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:36JST NY原油:反落で59.02ドル、中国の低調な輸出指標受け、需要鈍化懸念
NY原油先物1月限は反落(NYMEX原油1月限終値:59.02↓0.18)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物1月限は前日比−0.18ドルの59.02ドルで通常取引を終えた。

中国の11月貿易収支で黒字幅が387.3億ドルと、拡大予想に反し10月の425.4億ドルから縮小し8月来で最小となった。また、輸出も前年比—1.1%と、予想外に4カ月連続のマイナスとなり、中国経済の鈍化で需要が減少するとの懸念が売り材料となった。《CS》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「ISSEスノーソックス」の装着イメージ。(写真:ISSE発表資料より)
  • MAZDA CX-30 X L Package(2WD車)(画像: マツダの発表資料より)
  • 「ヒルサイド」エリアイメージ(三菱地所・サイモン発表資料より)
  • 超新星爆発のイメージ。
  • 「Model 3」(画像: テスラモーターズ・ジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース