欧州為替:ドル・円は108円40銭台、押し目買いで下げ渋り

2019年12月9日 19:12

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*19:12JST 欧州為替:ドル・円は108円40銭台、押し目買いで下げ渋り
 欧州市場でドル・円は一段安となり、一時108円43銭まで弱含んだ。その後、値ごろ感から押し目買いが観測され、足元は108円50銭付近に値を戻している。ただ、欧州株安や米株式先物の弱含みが続き、ややリスク回避の動きに。また、米10年債利回りはなお低下しており、ドルは下げ余地があろう。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は108円43銭から108円57銭、ユーロ・円は119円99銭から120円15銭、ユーロ・ドルは1.1061ドルから1.1069ドルで推移した。《FA》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
  • ウシオ電機が開発した紫外線装置「Care222」(画像: ウシオ電機の発表資料より)
  • 新型「LS」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース