HEROZが12月25日から東証1部または東証2部に移籍

2019年12月8日 16:02

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■新株発行などでの資金調達約40億円と1月末の株式2分割も発表

 HEROZ(ヒーローズ)<4382>(東マ)は12月6日、同日付で東京証券取引所の承認を受け、2019年12月25日をもって、同社株式の上場市場を東京証券取引所マザーズ(東証マザーズ)から東京証券取引所市場第一部(東証1部)または市場第二部(東証2部)へ市場変更することになったと発表した。

 同時に新株式発行、および株式の売出しによる資金調達(一般募集による手取概算額約40億円)と、2020年1月31日(金)を基準日とする株式分割(普通株式1株につき2株の割合をもって分割)も発表した。

 東証1部または東証2部への決定は、新株発行発行増資の発行価格等決定日(19年12月16日から同年12月18日までの間のいずれかの日)以降に東証の決定を受けてお知らせするとした。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
クリーク・アンド・リバー社は上値試す、20年2月期大幅増益予想(2019/08/08)
TACは調整一巡、20年3月期減益予想だが1Qは2桁経常増益(2019/08/08)
ゼリア新薬工業は調整一巡、20年3月期大幅増益予想、1Q減益だが進捗率順調(2019/08/06)
テクマトリックスは上値試す、20年3月期増収増益・連続増配予想で1Q順調(2019/08/06)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告