神奈川県庁で使われていたHDD、転売され情報流出 廃棄業者社員が不適切処理

2019年12月7日 19:56

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 NOBAX曰く、

 神奈川県庁の行政文書などが保存されたHDDがネットオークションで転売されていることが確認されたと朝日新聞が報じている

 このHDDは県が富士通リースから借りていたサーバーで使われていたもの。今春に交換のためサーバーから取り外され、富士通リースが情報機器の廃棄・リユースを手がけるブロードリンクにデータの完全消去、もしくはHDD自体を破壊してからの廃棄を依頼していた。このブロードリンクの担当者が一部を持ち出して転売したという(ブロードリンクの発表朝日新聞の続報)。

 ネットオークションでこれらのHDDを落札した男性が中身を確認し復元ソフトを使ったところ、神奈川県の公文書とみられる大量のファイルが保存されていたことが分ったという。

 HDD内のデータの容量は27テラバイトで、法人名が記載された税務調査後の通知や、個人名や住所が記載された自動車税の納税記録、企業の提出書類、県職員の業務記録や名簿類などが含まれていたという。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | ストレージ | 情報漏洩

 関連ストーリー:
ドスパラ、中古HDDをデータを消さずに販売。回収へ 2012年06月27日
日立、廃棄したはずのHDDが中古品量販店へ流出 2008年01月21日
SSD 内のデータを完全に消去するのは難しい 2011年03月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード神奈川県

関連記事

広告

財経アクセスランキング