豪ドル週間見通し:底堅い展開か、豪準備銀行総裁の講演に注目

2019年12月7日 14:24

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:24JST 豪ドル週間見通し:底堅い展開か、豪準備銀行総裁の講演に注目
■強含み、早期追加利下げ観測後退などで買い優勢

先週の豪ドル・円は強含み。豪準備銀行(中央銀行)は政策金利を0.75%に据え置いたことや、追加利下げへの傾斜もみせなかったことから、豪ドル買い・円売りがやや優勢となった。米中通商協議の進展に対する市場の期待は失われていないことも、豪ドル買い材料となった。取引レンジ:73円90銭-74円85銭。

■底堅い展開か、豪準備銀行総裁の講演に注目

今週の豪ドル・円は底堅い展開か。豪準備銀行(中央銀行)は先月、「第3四半期の国内総生産(GDP)の伸び率は緩やか」と指摘しており、経済成長率の鈍化は豪ドル売り材料になりにくいようだ。早期追加利下げ観測は後退しており、12月10日に行なわれるロウ総裁の講演が注目される。

○発表予定の豪主要経済指標・注目イベント
・10日:ロウ豪準備銀行総裁講演

予想レンジ:73円30銭-75円30銭《FA》

広告

財経アクセスランキング