逆行高の任天堂を対象とするコールが前日比で大幅上昇(3日10:00時点のeワラント取引動向)

2019年12月3日 10:59

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:59JST 逆行高の任天堂を対象とするコールが前日比で大幅上昇(3日10:00時点のeワラント取引動向)
新規買いは原資産の株価上昇が目立つ野村ホールディングス<8604>コール273回 3月 470円を順張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つビリングシステム<3623>コール16回 3月 2,200円を逆張り、ソフトバンクグループ<9984>コール508回 3月 6,750円を逆張り、トリケミカル研究所<4369>コール30回 2月 8,500円を逆張りで買う動きなどが見られる。

手仕舞い売りとしてはダウ・ジョーンズ工業株価平均プット375回 12月 21,500米ドル、任天堂<7974>コール366回 1月 48,000円、リニカル<2183>コール14回 1月 1,100円、米ドルリンク債プット948回 2月 108円、バンダイナムコホールディングス<7832>コール23回 2月 8,000円などが見られる。

上昇率上位はニアピン米ドルr2 1231回 12月 106円(前日比3.2倍)、ニアピン米ドルr2 1230回 12月 105円(前日比2.7倍)、ニアピン米ドルr2 1232回 12月 107円(前日比2.2倍)、スラック・テクノロジーズコール1回 1月 34米ドル(+60.0%)、任天堂コール351回 12月 47,000円(+59.2%)などとなっている。

(eワラント証券投資情報室)《HH》

広告