(中国)上海総合指数は0.21%安でスタート、米中対立への懸念などが圧迫材料

2019年12月3日 10:51

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:51JST (中国)上海総合指数は0.21%安でスタート、米中対立への懸念などが圧迫材料
3日の上海総合指数は売り先行。前日比0.21%安の2860.19ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時45分現在、0.54%安の2860.19ptで推移している。香港問題をめぐる米中対立の激化懸念が高まっていることが圧迫材料。また、米中通商協議の先行き不透明感が解消されていないことも引き続き指数の足かせになっている。《AN》

広告