絶滅の恐れのあるコツメカワウソ、売買や譲渡時に登録が必須に

2019年12月2日 19:40

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 「種の保存法」が改正され、11月26日より「コツメカワウソ」と「ビロードカワウソ」の売買・譲渡の際に登録が必要となる(NHK)。

 コツメカワウソは現在絶滅の恐れのある「危急種」に指定されている一方で、ペット目的での流通が続いているという。日本でもコツメカワウソはペットとして人気が高いとのことで、密輸なども行われているという(WWFジャパン)。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 地球 | ビジネス | 変なモノ

 関連ストーリー:
日本で人気急上昇中のカワウソ、ワシントン条約で取引禁止へ 2019年09月02日
イギリスの川に戻ってきたカワウソ 2010年10月21日
琉球大の研究チームが国内では絶滅したとされていた野生のカワウソを発見、38年ぶり? 2017年08月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告