英BBCテレビの天気予報、生放送でSiriに否定される

2019年12月2日 06:14

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

英BBCテレビの生番組で11月28日、気象学者のTomasz Schafernaker氏が気象情報コーナーで解説していたところ、装用していたApple WatchのSiriが突然起動して予報を否定するトラブルが発生したそうだ(BBC WeatherのツイートMashableの記事)。

この時スタジオ内のスクリーンには米ミネアポリスの降雪が映し出されていた。Schafernaker氏が雪はさらに降り続く見込みを示したところ、Siriが「予報によると雪は降らない」と割り込んだ。これに食いついたアンカーは予報が違うことの確認を求めたが、どこの天気か理解していなかったのだろうと聞かされてあっさり納得したようだ。

Schafernaker氏はわざとやったことではないと謝罪しているが、直前に手で高さを示しており、これがSiriのトリガー(手首を上げて話す)になったようだ。この設定を指摘するMet4Castのツイートに対し、Schafernaker氏は「Ahhhhh」と返信している。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | 英国 | クラウド | 変なモノ | idle | アップル

 関連ストーリー:
Siri、英国会で不規則発言 2018年07月07日
Fox News司会者、口を滑らせてトランプ大統領を「独裁者」と呼ぶ 2018年06月14日
Siriに「mother」の定義を聞くと? 2018年04月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAppleApple WatchSiri

広告

広告

写真で見るニュース

  • 開会式用公式服装姿を披露するアスリートたち
  • 画像はイメージです。
  • リサイクルペットボトルによる720mlペットボトル商品。(写真:サントリーグループ発表資料より)
  • ネイティブキャンプ英会話のイメージ。(画像: ネイティブキャンプの発表資料より)
  • 718 ボクスター GTS 4.0(画像: ポルシェの発表資料より)
  • 新型名阪特急「ひのとり」。(画像: KNT-CTホールディングスの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース