国際 RSS

 

刺激を受ける情報や技術から離れる「ドーパミン断食」、シリコンバレーで流行

2019年11月27日 17:45

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 シリコンバレー関係者の間で「ドーパミン断食」と呼ばれるものが流行っているという。ドーパミン断食とは、技術、人工光、食べ物、飲み物、会話、アイコンタクトといった「個人が刺激を感じるもの・神経伝達物質を刺激する要素」から離れるというもの。

 インペリアルカレッジロンドンで脳科学の研究を行っているDavid Nutt教授はこうしたドーパミン断食が流行した背景について「一時的に普段の生活から離れるすることは、再び生活に戻ったときに人生をより面白くするのでしょう」「僧侶たちは何千年もそれをやってきた。もっとも、それがドーパミンとどのような関係があるかは分かりませんが」などと述べている。

 ドーパミン断食の方法はいくつかあるようで、情報に数日アクセスしないというものや断食を含むもの、暗い水槽に浮かんだり、クローゼットに閉じ込められたりするような完全に感覚を奪うものまである模様(guardianThe New York TimesSlashdot)。

 スラドのコメントを読む | idleセクション | 変なモノ | 医療 | idle

 関連ストーリー:
政府、ネット依存対策に「ネット断食」合宿を行うことを決定 2013年08月27日
「瞑想」「断食」に健康保険適用へ ? 2010年02月22日
韓国の「ネット中毒」更生キャンプ 2007年11月19日
「インターネット中毒者」を解雇するのは不当? 2007年02月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング