Intel、PC向けCPUの出荷遅れで顧客やパートナーに送ったお詫びの手紙公開

2019年11月24日 21:35

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Intelは20日、第3四半期に発生したPC向けCPUの出荷遅れについて顧客やパートナーに送ったお詫びの手紙を公開した(ニュースリリース手紙: PDFBetaNewsの記事Neowinの記事)。

手紙はエグゼクティブバイスプレジデントのミシェル・J・ホルトハウス氏の名前で送られたもので、出荷遅れを謝罪するとともに大規模な新規設備投資やファウンドリーの利用の増加により、より多くの生産量を確保できるようになったことが説明されている。その結果、下半期のPC向けCPUの供給量は上半期から2桁増加させることが可能だという。ただし、2019年は市場の成長が続く中、在庫によるバッファーも限られており、供給はタイトな状況が続くとのこと。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | Intel

 関連ストーリー:
AMD CPUが量販店市場でシェア68.6%を獲得。PC本体での採用率も増える 2019年07月23日
2019年第2四半期のPC出荷台数、Gartnerは1.5%増、IDCは4.7%増と推計 2019年07月14日
量販店やPCショップなどでの単体CPUの販売台数シェア、AMDがIntelを抜く 2019年07月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードIntel

広告

財経アクセスランキング