日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は3日ぶり反落、ファーストリテが1銘柄で約34円分押し下げ

2019年11月19日 16:35

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:35JST 日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は3日ぶり反落、ファーストリテが1銘柄で約34円分押し下げ
19日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり77銘柄、値下がり141銘柄、変わらず7銘柄となった。

日経平均は3日ぶり反落。18日の米国市場でNYダウは31ドル高と小幅ながら続伸し、前週末に続き過去最高値を更新した。しかし、米メディアが米中貿易協議を巡り「中国側は悲観的なムード」などと報じ、先行き不透明感から円相場が1ドル=108円台半ばまで上昇。本日の日経平均は円高を受けた利益確定売り優勢で50円安からスタートすると、朝方には23244.93円(前日比171.83円安)まで下落する場面があった。前引けにかけて香港株高を支えに下げ渋ったが、後場に入ると再び弱含んだ。

大引けの日経平均は前日比124.11円安の23292.65円となった。東証1部の売買高は12億0408万株、売買代金は1兆9674億円だった。業種別では、非鉄金属、ゴム製品、鉱業が下落率上位だった。一方、医薬品、不動産業、その他金融業が上昇率上位だった。東証1部の値下がり銘柄は全体の54%、対して値上がり銘柄は41%となった。

値下がり寄与トップはファーストリテ<9983>で1銘柄で日経平均を約34円押し下げた。同2位はソフトバンクG<9984>となり、信越化<4063>、ファナック<6954>、東エレク<8035>、KDDI<9433>、テルモ<4543>などが続いた。また、日経平均構成銘柄の下落率トップはZHD<4689>で8.1%安、同2位は証券会社による投資判断引き下げの動きがみられた太陽誘電<6976>で4.9%安となった。ZHDはLINE<3938>との経営統合に伴う株式価値の希薄化懸念や、会見内容への失望感などがあったようだ。

一方で、値上がり寄与トップはエーザイ<4523>、同2位は第一三共<4568>となり2銘柄で日経平均を約15円押し上げた。そのほか、資生堂<4911>、大日住薬<4506>、エムスリー<2413>、協和キリン<4151>などが上昇率上位に続いた。本日は医薬品株の上昇が目立つ展開に。また、日経平均構成銘柄の上昇率トップは大日住薬で7.4%高、同2位は協和キリンで4.7%高となった。


*15:00現在

日経平均株価  23292.65(-124.11)

値上がり銘柄数  77(寄与度+69.86)
値下がり銘柄数 141(寄与度-193.97)
変わらず銘柄数  7

○値上がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<4523> エーザイ 7686 246 +8.86
<4568> 第一三共 6822 171 +6.16
<4911> 資生堂 8040 162 +5.84
<4506> 大日住薬 2001 137 +4.94
<2413> エムスリー 2858 51 +4.41
<4151> 協和キリン 2231 100 +3.60
<8028> ファミリーマート 2742 20 +2.88
<4704> トレンド 5800 70 +2.52
<4519> 中外薬 9271 63 +2.27
<8015> 豊通商 3925 60 +2.16
<4502> 武田 4562 53 +1.91
<8252> 丸井G 2644 44 +1.59
<9613> NTTデータ 1499 7 +1.26
<4324> 電通 4135 35 +1.26
<2871> ニチレイ 2537 58 +1.04
<8253> クレセゾン 1805 29 +1.04
<2002> 日清粉G 2189 28 +1.01
<4578> 大塚HD 4851 27 +0.97
<8801> 三井不 2784.5 26.5 +0.95
<5332> TOTO 4660 50 +0.90

○値下がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ 66920 -940 -33.86
<9984> ソフトバンクG 4272 -58 -12.54
<4063> 信越化 11725 -340 -12.25
<6954> ファナック 20820 -315 -11.35
<8035> 東エレク 22870 -290 -10.45
<9433> KDDI 3167 -45 -9.73
<4543> テルモ 3822 -46 -6.63
<6857> アドバンテ 5560 -90 -6.48
<6762> TDK 11240 -170 -6.12
<6976> 太陽誘電 2845 -148 -5.33
<4021> 日産化学 4485 -145 -5.22
<6971> 京セラ 7039 -63 -4.54
<6506> 安川電 4105 -115 -4.14
<6758> ソニー 6755 -89 -3.21
<7203> トヨタ 7754 -82 -2.95
<3382> 7&iHD 4092 -70 -2.52
<9735> セコム 9569 -56 -2.02
<6367> ダイキン 15490 -55 -1.98
<5108> ブリヂストン 4349 -53 -1.91
<6902> デンソー 4940 -51 -1.84《CN》

広告

写真で見るニュース

  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
  • さんすて岡山飲食ゾーンのイメージ(JR西日本など発表資料より)
  • 使用されているスーパーコンピュータ(画像: IBMの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース