オーストラリアの電力会社、送電線が原因の山火事は技術で防げると主張

2019年11月16日 15:51

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 米カリフォルニア州の電力会社PG&Eは、大規模な山火事対応のため計画停電を開始した。しかし、オーストラリア企業が同様の問題に対処すべく開発した技術「Rapid Earth Fault Current Limiter(REFCL)」を使用すれば、こうした計画停電の必要性を減らすことができるという。この技術は10年前にオーストラリアのビクトリア州で発生した山火事の対策のために開発されたものだそうだ。

 2017年、カリフォルニア州では大規模な山火事が複数発生したが、その原因の1つとしてPG&Eの送電網が挙げられている。電線が木や地面に接触することで山火事が誘発されるとされているが、REFCLはそういった場合に即座に電線の電圧を下げるというシステムで、たとえば22kVの送電線においては、わずか40ミリ秒(ms)で電圧を100Vにまで下げることができるという。

 オーストラリアIND Technologyの会長であるトニーマルクセン教授は、「85ミリ秒以内に(電圧の低下が)実行できれば、火災は発生しません」と話している(IEEE SpectrumSlashdot)。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | 電力 | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
米カリフォルニア州における山火事防止目的の計画停電に対し、州知事は電力会社が顧客に補償を行うべきだと主張 2019年10月18日
カリフォルニア州最大の電力会社が破産、「気候変動による最初の犠牲者」か 2019年01月24日
東京電力の施設で発生した火災により都内11区で大規模な停電 2016年10月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードオーストラリア

広告