米国株見通し:トランプ米大統領の講演注目

2019年11月12日 18:11

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:11JST 米国株見通し:トランプ米大統領の講演注目
S&P500先物  3088.25(+0.75) (17:45現在)
ナスダック100先物  8256.75(+7.00) (17:45現在)


 17時45分時点のグローベックス米株式先物市場で、S&P500先物とナスダック100先物は小高く推移。NYダウ先物は15ドル高ほどで推移している。欧州株式市場は全面高。時間外取引のNY原油先物は前日比0.15ドルほどの上昇で推移。こうした流れを受け、12日の米株式市場は買い先行気味に始まりそうだ。


 中国と香港の株価指数反発が好感されているが、本日はトランプ米大統領のNYエコノミッククラブでの講演に関心が集まる。米国内関連では、株高や経済の強さを強調する一方、社会主義への傾斜への警告やFRBの金融政策への批判などがみられそうだ。対外問題では、中国との通商協議や香港情勢への言及が注目される。なお、EU当局者が前日、「トランプ米大統領は今週、EU自動車関税の判断を半年先送りする見通し」と述べており、講演で表明される可能性も。


 NY原油先物は、需給思惑が重しとなり軟調な展開が見込まれる。米国の経済指標の発表はなし。企業決算の発表は、アドバンス・オート・パーツやタイソンフーズなどが予定されている。《KK》

広告

財経アクセスランキング