スターティアホールディングスの今期第2四半期は、11月6日に上方修正し、当初予想を大幅に上回る好業績で着地

2019年11月9日 14:41

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■消費増税の影響による駆け込み需要により売上好調

 スターティアホールディングス<3393>(東1)の今期第2四半期は、11月6日に上方修正し、当初予想を大幅に上回る好業績で着地した。

 好業績の要因としては、消費増税の影響による駆け込み需要によりUTM(統合脅威管理)、ネットワーク機器、MFP(複合機)販売を中心に好調に推移したことと、利益面ではコスト削減に努めたことに加え、人材関連費用が下期にずれ込んだことなどを挙げている。

 今期の取組としては、デジタルマーケティング関連事業では、自動的な販売促進活動を支援する統合型デジタルマーケティングサービスの「Cloud Circus(クラウドサーカス)」を拡販するなど、引き続きARや、MA (マーケティングオートメーション) ツールの提供などを行い、顧客が持っている情報をITサービスで最適化し、利益を上げる支援を実施した。

 ITインフラ関連事業では、オフィスに欠かせない基幹設備から事務サポートまでITやテクノロジーを手段として顧客に「解決」を提案・提供し、IT技術により顧客の事業運営をより良い方向に変化させる取組を行った。

 その結果、20年3月期第2四半期連結業績は、売上高62億40百万円(前年同期比8.9%増)、営業利益3億20百万円(同8.6%増)、経常利益3億35百万円(同1.5%増)、純利益1億80百万円(同21.1%減)となった。当初予想は、増収ながらも大幅減益を予想していたが、一転、営業利益、経常利益共に増益となった。

 第2四半期は当初予想を大幅に上回る結果となったが、今期通期予想は当初予想を据え置いている。

 ちなみに、20年3月期通期連結業績予想は、売上高128億22百万円(前期比7.7%増)、営業利益5億06百万円(同2.2%減)、経常利益5億04百万円(同12.1%減)、純利益2億90百万円(同10.3%減)を見込む。

 進捗率は、売上高48.7%(前年同期48.1%)、営業利益63.2%(同56.9%)、経常利益66.5%(同57.6%)、純利益62.1%(同70.6%)となっていることから、下半期にずれ込んでいる人材関連費用の額次第では、利益面での上振れが期待できる。

 また、決算発表と共に創業25周年特別株主優待の実施も発表している。内容は、100株以上の株主に、1000円分のクオカードがプレゼントされる。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
クリーク・アンド・リバー社は上値試す、20年2月期大幅増益予想(2019/08/08)
TACは調整一巡、20年3月期減益予想だが1Qは2桁経常増益(2019/08/08)
ゼリア新薬工業は調整一巡、20年3月期大幅増益予想、1Q減益だが進捗率順調(2019/08/06)
テクマトリックスは上値試す、20年3月期増収増益・連続増配予想で1Q順調(2019/08/06)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告