前日に動いた銘柄 part2 アイスタディ、ペプチドリーム、日パレットなど

2019年11月8日 07:32

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:32JST 前日に動いた銘柄 part2 アイスタディ、ペプチドリーム、日パレットなど
銘柄名<コード>7日終値⇒前日比
ペプチドリーム<4587> 5100 -210
マディー・ウォーターズの空売りが報じられる。

ヘリオステクノH<6927> 499 -22
引き続き決算をネガティブ視する動きが続く。

東急建設<1720> 851 -39
通期業績上方修正も出尽くし感が優勢に。

神戸製鋼所<5406> 583 -34
通期業績見通しを下方修正している。

ディー・エヌ・エー<2432> 1779 -48
7-9月期も前年比では収益水準の半減続く。

味の素<2802> 1876 -85
業績下方修正マイナス視の動きが続く。

TATERU<1435> 201 -10
リバウンド一巡感による戻り売り優勢の展開が続く。

カカクコム<2371> 2395 -155
6日前引け後の決算受けた出尽くし感が優勢に。

SUMCO<3436> 1820 -92
第4四半期の業績見通しを嫌気。

レオパレス21<8848> 282 -11
今期最終益大幅下方修正を発表で。

ソフトバンクグループ<9984> 4226 -96
7-9月期の大幅営業赤字転落を嫌気。

三菱商事<8058> 2804 -36
6日は増配受けて上昇も、実質ベースでの上半期業績想定比下振れを嫌気。

オリエンタルランド<4661> 15610 -285
岡三証券では投資判断を格下げ。

SUBARU<7270> 3083 -33
上半期下振れ着地を改めて嫌気。

昭和電工<4004> 3135 -10
黒鉛電極など低迷で7-9月期は大幅減益に。

アイスタディ<2345> 887 +150
引き続き介護施設向けAI検知システム構築への共同研究を材料視。

高田工業所<1966> 716 +100
上半期業績の上振れ着地を材料視。

松尾電機<6969> 461 -100
業績下方修正受けて直近で急騰の反動が強まる。

リンクバル<6046> 418 -100
20年9月期の営業利益見通しは前期比48.5%減の5.27億円。

Welby<4438> 2297 +71
スズケンとの資本業務提携を好感。

コスモ・バイオ<3386> 1096 +6
第3四半期の営業利益は前年同期比35.6%増の3.55億円と通期計画を超過。

Amazia<4424> 4945 +700
20年9月期の大幅増収増益見通しを材料視。

ALBERT<3906> 8860 -170
第3四半期決算、日本ユニシスやマクニカとの資本業務提携と好悪材料混在。

シダー<2435> 222 +27
上方修正を発表、上期営業利益見通しを0.60億円から1.19億円に引き上げ。

メイコー<6787> 1845 +136
決算通過で悪材料出尽くしとの見方が台頭。

ザイン<6769> 906 -23
決算発表を受けて一時866円まで下落する局面も。

日パレット<4690> 2610 +209
好業績評価の買いが続く。

セルソース<4880> 9100 -850
直近で節目の10000円を突破しており利食いの動きも。《FA》

広告

財経アクセスランキング