米国株見通し:米中協議の進展・合意期待が再燃へ

2019年11月7日 18:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:15JST 米国株見通し:米中協議の進展・合意期待が再燃へ
S&P500先物  3087.25(+11.75) (17:45現在)
ナスダック100先物  8245.75(+38.50) (17:45現在)


 17時45分時点のグローベックス米株式先物市場で、S&P500先物とナスダック100先物は堅調推移。NYダウ先物は130ドル高ほどで推移している。欧州株式市場は全面高。時間外取引のNY原油先物は前日比0.30ドルほどの上昇で推移。こうした流れを受け、7日の米株式市場は買い先行で始まりそうだ。


 中国商務省が本日、「米中両国が相互の製品に賦課している関税を段階的に撤回することで合意した」と発表。この後、米国の関係当局が確認すれば、さらに安心感が広がり、米中協議の進展・合意期待が再燃しよう。NY原油先物は、米中協議をめぐり需要回復思惑のよる買いが強まり強含みの展開が見込まれる。


 本日発表となる米国の経済指標は、先週分新規失業保険申請件数と9月消費者信用残高。新規失業保険申請件数は前回をやや下回り、長期低下傾向を維持すると予想され、株式市場にはややポジティブな材料になる可能性がある。企業決算の発表は、ディズニーやイェルプなどが予定されている。《KK》

広告