ロングライフホールディングは調整一巡、19年10月期大幅増益予想

2019年11月7日 09:28

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 ロングライフホールディング<4355>(JQ)は、有料老人ホーム運営や在宅介護などの介護関連事業を展開している。19年10期大幅増益予想である。第3四半期累計が赤字だったため通期下振れに注意必要だが、第4四半期の挽回を期待したい。株価は10月の年初来高値から反落したが、調整一巡して戻りを試す展開を期待したい。

■有料老人ホーム運営など介護関連事業を展開

 ホーム介護事業(日本ロングライフの有料老人ホーム運営)および在宅介護事業を主力として、福祉用具事業、フード事業、リゾート事業、その他事業(調剤薬局事業、医療関連事業、投資事業)も展開している。18年9月期末の老人ホーム数は23ホーム、居室総数は987室である。

■19年10月期大幅増益予想

 19年10月期連結業績予想は、売上高が18年10月期比9.6%増の141億円、営業利益が42.1%増の4億20百万円、経常利益が8.6倍の3億40百万円、純利益が85百万円(18年10月期は1億15百万円の赤字)としている。

 第3四半期累計は、売上高が前年同期比2.7%増収(ホーム介護事業が2.4%増収、在宅介護事業が2.4%増収、福祉用具事業が9.3%減収など)と概ね順調だったが、前期後半に開設した施設の固定費増加で営業利益は11百万円の赤字(前年同期は2億14百万円の黒字)だった。

 第3四半期累計が赤字だったため通期下振れに注意必要だが、第4四半期の挽回を期待したい。

■株価は調整一巡

 株価は10月の年初来高値から反落したが、調整一巡して戻りを試す展開を期待したい。11月6日の終値は404円、時価総額は約45億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
クリーク・アンド・リバー社は上値試す、20年2月期大幅増益予想(2019/08/08)
TACは調整一巡、20年3月期減益予想だが1Qは2桁経常増益(2019/08/08)
ゼリア新薬工業は調整一巡、20年3月期大幅増益予想、1Q減益だが進捗率順調(2019/08/06)
テクマトリックスは上値試す、20年3月期増収増益・連続増配予想で1Q順調(2019/08/06)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告