マスプロ電工「ポータブル水素吸引器」、健康寿命の延伸めざす体調改善機器製品に認定

2019年11月1日 09:07

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 マスプロ電工の「ポータブル水素吸引器」(過去記事)が、一般社団法人日本ホームヘルス機器協会の認定する「体調改善機器」として認定されたとのこと(マスプロ電工の発表)。

 発表によると、「本体より発生する水素ガスをいつでもどこでも手軽に吸引することで、心身のリフレッシュをサポートできることは体調改善の目的に資する」と審査されたという。

 「体調改善機器」は、家庭向け健康機器等の安全性や機能の妥当性を審査し、一定の水準に達している機器ことを認定するという制度。現在「赤外線放射機能素材を使って装着部位を温める製品」やストレッチ機器、活動量計、瞑想装置、電気筋肉刺激(EMS)機器、マッサージ器、光触媒を使った健康妨害物質軽減床材など13製品が認定されている

 スラドのコメントを読む | idleセクション | ハードウェア | 変なモノ | idle

 関連ストーリー:
マスプロ電工、発売延期していた「ポータブル水素吸引器」を9月1日より発売へ 2018年08月28日
「粉末水素水」発売、岐阜大・東京工科大と共同開発 2018年08月23日
マスプロ電工、健康分野に参入。「ポータブル水素吸引器」を発売へ 2018年05月17日
水を熱して蒸気に変え、温度を下げた「水素66%・酸素33%の混合ガス」を吸引させるサロンが話題に 2016年02月19日
水素と酸素が2対1で含まれるガスでアンチエイジング? 2014年11月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード活動量計

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース