ペアを取っていない「CAT5e対応極薄LANケーブル」は通信速度低下に繋がる

2019年10月30日 17:21

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 サンワサプライが厚み0.25mmという極薄のLANケーブル用中継ケーブルを発売している(製品情報)。屋内のドアやサッシの隙間にケーブルを通したい場合などに向けた製品で、エンハンスドカテゴリ5(CAT5e)相当とされているのだが、このケーブルは構造上電線部分がツイストペアになっていないため、速度低下が発生する可能性が高いという。

 INTERNET Watchでレビュー記事が公開されているが、これによると通信速度は最大100Mbpsまでしか出なかったという。またケーブルテスト結果では実際には15mの長さの配線が「255m」と診断されたとのことで、信号減衰が非常に多いのではないかとも推測されている。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | ネットワーク

 関連ストーリー:
Cat.6で5Gbps、Cat.5eで2.5Gbpsの転送ができるIEEE 802.3bzの規格化が完了 2016年10月04日
エバーグリーン、LANケーブルをオーディオケーブル代わりに使えるアダプターを発売 2012年08月17日
金属製外皮で動物が噛んでも断線しにくいLANケーブル 2019年07月08日
アイ・オー・データ機器、高級ケーブル事業に参入 2017年11月24日
導体表面を鏡面加工したオーディオ用LANケーブル 2016年01月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードサンワサプライ

広告