任天堂の宮本茂氏や漫画家の萩尾望都氏などが文化功労者に選出

2019年10月30日 08:37

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 政府が2019年度の文化勲章受章者および文化功労者を発表した。文化勲章受章者にはリチウムイオン電池の開発でノーベル化学賞を受賞した吉野彰氏などが選出された。また、文化功労者には任天堂の宮本茂氏や漫画家の萩尾望都氏、映画監督の大林宣彦氏などが選出されている(読売新聞産経新聞時事通信)。

 文化勲章受章者・文化功労者の業績については日経新聞の記事にまとめられている。

 スラドのコメントを読む | 映画 | 任天堂 | アニメ・マンガ | ゲーム | 娯楽

 関連ストーリー:
日本初のワープロを手がけた森健一氏が文化功労者に選ばれる 2006年10月29日
青色LED開発で知られる中村修二氏、日亜化学との「仲直り」について述べる 2014年11月04日
フランス政府が大友克洋氏に芸術勲章を授与 2005年07月22日
任天堂の宮本茂氏、現在のポジションを離れてゲーム開発最前線に 2011年12月10日
ゲームクリエイター宮本茂氏に仏勲章 2006年03月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード任天堂吉野彰