Google、ファームウェア更新で文鎮化したGoogle Homeデバイスを交換対応

2019年10月26日 22:21

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Google Home/Home Miniがファームウェア更新で文鎮化した場合、交換対応するという声明をGoogleが出したそうだ(Android Policeの記事9to5Googleの記事SlashGearの記事)。

Google Homeデバイスは高い頻度でファームウェア更新が提供され、自動で適用されているという。通常はユーザーが気付くことはないが、ファームウェア更新後に文鎮化してしまうことがあるらしい。Google Nest Helpのコミュニティーフォーラムでは1月から報告が出ており、電源ケーブルを抜いてしばらくしてから接続しなおす、デバイスを初期化する、といった復旧方法が紹介されているが、復旧できないケースも多いようだ。数週間前から報告が出ているRedditでは、明らかにファームウェア更新が原因であっても、保証期間外の場合は交換できないとGoogleカスタマーサービスから聞いたとの報告も出ていた。

Googleがメディアに提供した声明によれば、このような問題を防ぐための更新を近くロールアウトする予定であり、影響を受けたデバイスは交換すると説明されている。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | アップグレード | Google | バグ | IT

 関連ストーリー:
米エプソン、ファームウェア更新でサードパーティー製インクカートリッジをブロックして訴えられる 2019年10月26日
英裁判所、ISP5社に対しゲーム機をハックする製品を扱うサイトへの接続ブロックを命じる 2019年09月13日
アップデートで文鎮化するスマートシューズ 2019年02月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleAndroidファームウェアGoogle Home

広告

写真で見るニュース

  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
  • さんすて岡山飲食ゾーンのイメージ(JR西日本など発表資料より)
  • 使用されているスーパーコンピュータ(画像: IBMの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース